「戦略」のことを特別に感じている人って、たくさんいるのかな。昔の体験や思い込みとかが、「料理人」と結びついてしまうことって、無きにしも非ずと思うんだ。

騎士の号泣の意味は計り知れない

天気の良い週末の夕方は座ったままで

私は前から、肌がさほど強くなく、すぐにかぶれてしまう。
そして、ボディーシャンプーの肌に残ってしまう感覚が好きじゃない。
それだと、寒い季節は凄くぱりぱりになるので、無添加に近いローションを使用している。
愛用中の品の残念な点は、価格設定がとても高いので、なかなか買えないところ。

雨が上がった仏滅の深夜は焼酎を
梅雨もようやく明け、今日セミの鳴き声に気付いて、少年は「夏だ。」と思った。
あと10日ほどで夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側でアイスクリームを食べていた。
軒下では風鈴がときおり小気味いい音を立てていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
汗がほっぺたを伝って流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近くの市民プールのオープンに期待していた。

寒い水曜の夕暮れに友人と

知佳子と福岡のアバクロンビーにショッピングに行った。
2人ともアバクロのファッションデザインが好き。
また、店内のデザインと、この香りが。
3時間程度ひやかして、アバクロンビーを後にした。
気付いたら、自分が道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさいと言い振り返った。
すると、店に来ていた男の人。
笑いながら、ありがとう、など言われた。
ビックリしたのは、彼の荷物。
Abercrombieでどれだけ買ったの?って質問したくなった。
そして、スターバックスで知佳子とその人の職業当てで議論をした。
アンサーは永遠のなぞだ。

風の無い平日の朝はこっそりと
営業に出ると、三日くらい泊まり込むこともある。
とても、充実感はあるけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起きる時間の相当前だと言うのに、眠いのに目が覚める習慣がある。
大変だけれど、家に帰ってきたときの達成感は幸せだ。
狂ったように遊んでしまうし、寝れるし、贅沢する。

雹が降った土曜の夕方は散歩を

「今日の夕飯はカレーよ。」
少年は母親のその言葉を聞いた途端、思わず笑みが浮かんだ。
少年は小学校から帰って、扇風機にあたりながらテレビを見ていたところだった。
今日は格別に西日が暑い。
網戸の窓では風鈴がときおりチリリンと音を立てていた。
テレビでは、かつてのなつかしアニメをやっていた。
今日のアニメは「一休さん」だった。
こんなにも頭が回る男の子がいたら、学校のテストなんて簡単なんだろうな、と少年は感心していた。
でも、お鍋からカレーの匂いが居間まで漂ってきた時、少年はテレビのことは頭から飛んでいってしまった。

悲しそうに走るあいつと霧
仕事で不可欠な竹を大量に拝領するようになって、良かったのだけれど、竹がいやでもっと持っていってほしい竹の持ち主は、私たちの必要量より大きい竹を持っていかせようとしてくるので仕事が増える。
たくさん運んで帰っても余ることになるのだが、処分に困る竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って行ってくれとしきりに頼まれる。
こちらもいるものをタダでもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

自信を持って吠えるあなたと濡れたTシャツ

数年前の夜中、私は恋人と、横浜から一般道を使用し、七里ガ浜に向かった。
と言うのは、宝物の一眼レフで夜景を撮るためだったが、思うように撮れない。
海辺は長く来ていなかったから、しばらくすると靴を脱いで海の中に入りはじめた。
海水にも飽きて、ビーチで山を作ることをするようになった。
この時位までは、確実にそばにあった白の一眼レフ。
たくさんはしゃいで、帰宅途中、スタンドで私の一眼が鞄に入っていない事に気が付いた。
仕方なくマンションまで戻ったけど、長い間、とても切なくなった記憶がある。
数百枚の思い出が入っていた私のデジタル一眼、今はどの場所にあるんだろう?

雲が多い大安の夜は昔を懐かしむ
今日この頃、子が運動場で遊ばない。
日差しが強いからだろうか、室内で気にいった遊びがとても増えたからか。
ある程度前までは、とってもいつもの広場に行きたがっていたのに、このところは、ちょびっとでも出かけたがらない。
考えるに、父だと、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないがのだけれど母としては少しは複雑らしい。
けれど、日差しが強い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

目を閉じて大声を出す彼と冷めた夕飯

辺ぴなところに住んでいたら、ネットでものがお手軽に買えるようになったのが、すごく簡単だ。
その理由は、駐車場がある本屋が市内に一軒しかなくて、品ぞろえも悪いから、手に入れたい雑誌も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりはネットショップで購入するほうがお手軽だ。
なぜならば、書店に行くだけで原付で30分かかるからものすごくめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、他のものもネットショップで買うようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安価で、型番商品は絶対にネット購入だ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

薄暗い火曜の早朝に友人と
今年は、海に入りに行っていないが、都合がつけばすごく行きたい。
まだ、子供が小さいので、海には入らせないで砂遊び程度だけど、想像するけれど喜んでくれるだろう。
とは言っても、子供は、パンパースを着用しているので、子連れ以外の海水客の事を考えたら海に入れない方がいいと思う。
プール用オムツもあるが、ニュースでも議論に発展しているらしいので。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 騎士の号泣の意味は計り知れない All rights reserved.