例えば、何もわからない宇宙人に「乙女」を説明するなら、どうやって言う?「ピエロ」の目立つ特徴とか、いやいや、そもそも世界や日本のことから説明始めるかもね。

騎士の号泣の意味は計り知れない

風の強い日曜の夕方に目を閉じて

仕事終わりの暇つぶしに、彫刻の森美術館に入ってから、あの場所に虜にされている。
驚いたのは、単独でのんびり見にきている方も多かったこと。
それからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物がすごくなのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、催し物がすごく横須賀美術館は、私の好きな谷内六郎の展示がたくさん。
彼は、有名な週刊誌、新潮の表紙絵の芸術家だ。
他にも、江戸村の近くにある、夢二美術館で大量のカードを買った経験も。
このように、美術館にはいつも幸せな時を過ごさせてもらっている。

一生懸命踊る彼女と履きつぶした靴
出張で、日光へ向かうことが多かった。
北関東に位置する日光は栃木県にあって、海のない県で、背の高い山々に囲まれている。
もちろん、寒くなると雪が多く、除雪車やチェーンは必要だ。
秋になると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、無事に帰り、また2泊3日というパーターンが非常に多く、サイトなどの情報で日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見てきてほしい場所だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、観光客のメインは日光東照宮。
江戸を整備した家康の眠っている所で、境内の様子に驚かされる。
また、山奥にある奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、濁っていて、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えにも良いと思う。
日光東照宮建立当時、湯元温泉のお湯を目標に多くの湯治客が集まったらしい。
その様子は思い浮かべられる歴史的な町が栃木県の日光。
旅館やホテルの紹介も一緒にハイウェイウォーカーなどに多く載っているここに、行こうと思う。

熱中して吠える君と僕

実際に行きたくて仕方がなかった場所、と言うのは真鶴半島だ。
この場所を知ったのは「真鶴」という題名の川上弘美さんの作品。
いろんな解釈があり、私の幼い感覚では、まだまだ深い感心はできない。
でも、本の中の真鶴地方の様子が好きで、行ったことのない真鶴に憧れを抱いていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の境目にあるここ。
突き出た部分が真鶴岬。
岬の先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という大きな岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居としめ縄があって潮が引くと歩いて渡れる。
願いが叶って、ストーリー中の光景を見に行くことができた。
私の一眼レフの中には、ここの風景写真がいっぱい。
民宿の経営者さんに真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

凍えそうな休日の夕暮れに椅子に座る
今使用している部屋は、冷房も暖房器具もないようなところだ。
そのために、扇風機とよく冷えた飲み物を持って勉強をする。
この前、扇風機を移動させようと思いつき、回したまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯がストップしたので「なんで?」と思い,手元を見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、回転の邪魔をしているのは、まさしく自分の親指だった。
怖くなって手を放すと、また歯は元気に回転を始め、指からは血がにじんできた。
なにも感じる間もなかったが、気を付けようと誓った。

息絶え絶えで話す彼女と失くしたストラップ

あるいつもと違うような内容の仕事が舞い込んできたとき「まあ、なんとかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
当時の自分を含むプロジェクトメンバーのみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」などとあっさり取り組んでいた。
すると教育担当の女性上司が、注意したセリフが記憶に残っている。
「成功に向かってじゅうぶんに日々を過ごしたからこそ、終わってからなんてことなかっただけ。
だから、この状況のように軽く構えていて、たまたま仕事が簡単だったという意味は含まれていません。
終わってしまえば単純だったと言う本当の意味は、その逆です。
甘く見ずに真面目に取り組み準備をしたからこそ、力が有り余って、仕事がスムーズに進んだという事を表しています。
じゅうぶんやる気になりましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
という事。
その後、みんな必死に取り組みしっかり収めきることができた。

凍えそうな火曜の夕方は読書を
買った仕立てるために必要な布で、園に9月から通う子供の必要な袋を作らなくてはいけない。
それは、家内が裁縫するんだけれども、しかし、自分も縫い物が嫌いではないので、大変そうだったらかわろうと考えている。
ボールや靴をしまう手製の袋が園に行くためにはいるみたいだ。
ミシンもいよいよ到着した。
使いごこちもみてみようと考えている。

ぽかぽかした木曜の夕暮れに食事を

最近、料理の紹介で、マクドナルドのチキンナゲットの食感をまねたものというふうに紹介していました。
ものすごく似ていそうだと思って、家内に調理してもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの食感では残念ながらないけれど味わい深かったです。
なんというか衣が心なしか違ったのだけれど、中は、同じチキンなので、私程度では、少しの差は何とも思わず非常においしかったです。

どんよりした土曜の午前は立ちっぱなしで
きのうは、一カ月ぶりに大雨になった。
チヌ釣りの約束を友達としていたのだが、雷が鳴ってきたので、さすがに危なくて行けそうになかった。
確認したら、雨がやんだので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
またの機会に行ける日にと言って釣りざおなどをなおした。
明日からは晴れみたいだ。
なので、次こそ予定を立てて行ってみる。
次の機会にと言って釣りざおなどを片づけた。
明々後日からは晴れが続くらしい。
その時は、今度こそ行きたい。

気分良く口笛を吹く弟と花粉症

人間失格をラストまで読んで、葉ちゃんの気持ちも分からなくはないな〜と感じた。
葉ちゃんは、人間なら誰しも持ち合わせているポイントを、たくさん抱いている。
それを、内に隠さないで酒だったり異性だったりで解消させる。
終盤で、行きつけのバーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、主人公の葉ちゃんは世渡りが下手なんだと、心から可哀そうに思ってしまう。

前のめりで吠える姉ちゃんと電子レンジ
離れた生まれた家で暮らす私の母も大好きな孫のためとして、大変たんまりお手製のものを仕立てて届けてくれている。
キティーちゃんが大変気にいっているのだと話したら、言った生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、裁縫するための布の以外とめっちゃ高額できっきょうしていた。
裁縫するための布は縦、横、上下のキャラクターの方向があり手間だそうだ。
だが、たんまり、作成してくれて、届けてくれた。
孫娘はめっちゃ愛らしいのだろう。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 騎士の号泣の意味は計り知れない All rights reserved.