「ドクター」に関して、どう思う?「ドラマ」とは、みんなにはどんな感じで思われているんだろう。べつに真剣に考えるわけじゃないよ。

騎士の号泣の意味は計り知れない

陽の見えない金曜の夜は熱燗を

そんなに、ドラマは視聴しないほうだけれど、近頃、それでも、生きていくを視聴している。
殺人犯の家族と殺された小さな子の家族が出会ってといった話の中身で、ふつうに考えてありえない話の流れだ。
被害者の親兄弟と加害者側の家族のどちら側も不幸なめにあっているストーリーがえがかれている。
内容の雰囲気は非常に暗いと思うけれど、しかし、色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や緑や自然の映像が大変多く使われていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がとっても多い。
このあと、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

風の無い週末の夕方は料理を
私は、肌が弱く、パウダーは当然使用できないし、化粧水も限定されている。
そのことから、果物や栄養剤のパワーにお任せになっているが、最近摂っているのが粉ゼラチンだ。
緑茶に溶かして、日々飲んでいるけれど、多少肌がつやつやになった。
そして、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、驚いた。

凍えそうな水曜の朝に昔を懐かしむ

人の大半は水分という調査もあるので、水は人の重要点です。
水分補給を欠かさず、みなさん健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。
きらめく日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえるこの時期、普段は外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌の手入れは夏が過ぎた頃に出てくるという位なので、やはり気にかけてしまう所ですね。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分補給に関してです。
ましてや、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期ばかりは例外の可能性もあります。
というのは、多く汗を出して、知らない間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身のコンディションも影響してきます。
ともすれば、自分自身が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の体調に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
少しだけ外へ出るときにも、小さなもので大丈夫なので、水筒があれば非常に便利です。
人の大半は水分という調査もあるので、水は人の重要点です。
水分補給を欠かさず、みなさん健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。

気どりながら叫ぶ妹と電子レンジ
見とれるくらい綺麗な人に出くわしたことがありますか?
実は一度見かけました。
電車内で20代前半くらいの人。
同性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいケアをしているか、という本人の努力もあると思います。
しかし、本人から出てくるオーラはたぶんありますよね。
なかなか素晴らしい人が多くいるんだなーと思いました。

じめじめした水曜の夕暮れは焼酎を

おじさんが一昨日フカセ釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、夕方までやっても少ししかあげれなかったらしい。
餌取りがうんざりするほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
それでも大物のの40cmクラスがあげれたらしいから、いいなと思う。
昨年、いただいてすぐに食したがとっても好みだった。
そんなのが釣れたと話を聞いたら釣りに行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

笑顔で泳ぐ妹と季節はずれの雪
普段、会社や家の事に手一杯で、そんなにフリーの時間が持てない。
隙間の時間が持てても、自然に次やるべき仕事の予定など、今後の詳細が心にある。
そんな状態で丸一日など時間ができると、かなり嬉しくなってしまう。
さて、久しぶりの休日を何に費やそうかと。
結局ほとんどが、あれしたい、これしたい、といった願望のみが重なり、全部は上手くいかない。
特に私は行動が遅いので、あっと言う間に時間は経過。
時は金なり、という言葉は本当に真実だと思う。

風の強い木曜の明け方に料理を

家の近くのスーパーで買い物をしていた。
冷食コーナーで、ブルーベリーをさがしていた。
いろいろ探していたら、韓国文字で書いてある箱を見つけた。
良く見て確認すると、トッポギだった。
この秋、韓国まで向かった時に、幾度となく韓国まで旅している親友に勧められたのがトッポギだ。
ここ日本で冷食として、韓国のトッポギが買えるなんて、びっくりだった。

雪の降る金曜の夕暮れに足を伸ばして
全国には、数多くの祭事が存在するようだ。
生で確認したことはないけど、良く知っているお祭りは、秩父夜祭りである。
豪華な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を見学した際に、実際の様子を写したDVDや実際の大きさの屋台と笠鉾を見せてもらった。
師走の月に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
現在進行形で見てみたい祭りの一つである。
冬祭りとは反対に、夏にあるのは、福岡のほうじょうえがよく知られ、すべての生き物の殺生を禁止する祭り。
江戸の頃は、この祭りの間、魚釣りも禁止されたとの事。
伝統ある祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく大好きだったりする。

湿気の多い大安の朝に外へ

富士には月見草がよく似合うと、よく知られる名言を残したのは文豪の太宰だ。
太宰治は、バスに乗り、御坂山塊を越えて、今の甲府へ向かっていた。
バスで偶然一緒になったおばあさんが、「あら、月見草」と独り言を言う。
その時、振り向いた太宰の視界に入ったのが月見草、同時に日本一の名山富士山だった。
富岳百景に記されたのこの話は、日本一の名山を話すときに欠かさない。
他にも作品に出てくる、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏と言うワードがよく合うと伝えられる。
納得だ。
私が感動したのは、春の名峰富士だ。

汗をたらして話す兄弟と擦り切れたミサンガ
昔から肉類があまり好物ではない食べるものはどうしたって魚介類主流になる。
となると、夏の、土用の丑の日の鰻は、私にとっての行事だ。
関東でウナギを開くときには、背開きという習わしがある。
何故か話すと、昔々武家社会だったので、腹開きにすれば切腹につながってしまい、タブーなため。
それに対して、西で開く鰻には、腹開きである事が一般的。
それは、関西は商人文化の町なので、お互いに腹を割りましょうという事に由来するから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
それは、関西は商人文化の町なので、お互いに腹を割りましょうという事に由来するから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
上記の豆知識は、旅行業で働いていた時に、毎回、お客様に話していた豆知識です。
上野駅よりスタートして、静岡の沼津のウナギを食べに行くという日程。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 騎士の号泣の意味は計り知れない All rights reserved.